心身症は心の病|ストレスをLESSしてメンタルに勝つ

原因を知る

考える女性

生きていると、上手くいかない時期があります。上手くいかないことで、落ち込んでしまったりイライラしてしまったりすることがあります。
そのイライラが強くなることで、ストレスになることがあります。また、家族や大切な人の病気や死別、学校や職場での人間関係でストレスを感じてしまうことがあります。自分の感情や思っていることを言わずに押さえ込んでしまうことで、余計にストレスを貯めこんでしまうことになります。自分が気付かない内に、様々な病気を招いてしまうことがあるので、注意が必要です。さらに、ストレスを溜めやすい人と言うと、言葉を上手く表現できない子供や、責任感の強い人などが挙げられます。こういった人が心身症になりやすいと言われているので、あまり深く考えこまずに、ストレスを軽減するようにしましょう。

ストレスで「胃潰瘍」や「腸炎」などの病気を引き起こしてしまうことがあります。そういった体に出る病気は「心身症」と言われています。心身症は、自分でも気付くことはなく、自覚感覚が低下していることで発症してしまいます。また、自分がストレスだと気付くことなく、さらにストレスを強くしてしまうことがあります。さらに、心身症は心の病気の一つとして現れ、原因は精神的なものだが、体に出る病気が特徴とされています。人間はストレスを感じることで、無意識に防御機能が働き心や体を守ろうとします。しかし、ストレスが長引いてしまうことで、防御機能があるので効力が低下してしまい、心身症を引き起こしてしまいます。

心身症は、適切な治療を受ければ改善することができます。また、体に出た病気と一緒にストレスとなる原因の治療の両方を行なうことが可能になります。
ストレスを最初に治療することができれば、他の心身症の症状を引き起こすことなく、改善ができます。ストレスとなる、緊張や不安を取り除く為の精神安定剤を処方する場合もあります。様々な治療方法で、心身症を改善することが出来れば、強いストレスを感じることなく、楽しい生活を送ることができます。ストレスはできるだけ溜めずに、友人や親しい同僚達に相談することで発散することができます。また、趣味に打ち込むことでも発散でき、心身症を引き起こすことなく充実した毎日を送ることが可能になります。心身症にならないようにするには、不安や悩みなどを抑えこまないで、周囲に話していくことが大切です。