心身症は心の病|ストレスをLESSしてメンタルに勝つ

治療を受ける

お医者様

体の病気は血液検査で客観的に調べることができます。以前までは、心身症やうつ病などの病気は、症状や行動を診て判断するしかありませんでした。しかし最近では、「光トポグラフィー検査」という検査方法で、判断することができるようになりました。診断レベルが上がり、医師によって判断にばらつきが起こることを防げるようになったのです。機械で客観的に検査をすることで、正確に判断することができるようになりました。光トポグラフィー治療方法は、血液検査やMRIを使用した様々な検査方法があります。また、大脳部分のヘモグロビン濃度を計測することもできます。この光トポグラフィー装置を使用した検査方法は、体へのダメージが少ない検査方法になります。さらに、光トポグラフィー検査は脳の血流の流れを調べて、心身症などの病気を改善してくれるのです。

心身症を治療する際には、光トポグラフィー検査を用いるのが効果的とされています。光トポグラフィー検査は、磁気刺激装置よりも比較的安い費用で受けることが可能になります。さらに、正しい診断結果を知ることができるので、再検査を受ける必要もありませんし、すぐにその後の治療に役立てることが出来るのです。光トポグラフィーを使用した検査法は、病院やクリニックのどこでも受けられるわけではありません。この検査を検討している人は、光トポグラフィー検査を取り入れている医療機関に、前もって予約をする必要があります。

心身症は、投薬などの治療が終了した後も、定期的なカウンセリングが必要になります。専門の医師から、生活する上でのアドバイスやストレスを溜めない方法などの説明がされます。定期的にカウンセリングを受けることで、心身症の再発を防止することが可能となるのです。一人一人に合わせたカウンセリングが受けられるので、安心して治療することができます。心身症を早い段階で改善することができれば、うつ病などの他の病気を併発してしまう危険性が大幅に低くなります。心身症の症状に気付いたら、早めに対策することが最も重要になるのです。