心身症は心の病|ストレスをLESSしてメンタルに勝つ

ストレスと上手に付き合う

ストレスと向き合う

お腹痛い

胃潰瘍や腸炎に悩んでいる人は、心身症の疑いがあります。心身症は、ストレスにより腸炎や胃潰瘍など内蔵に疾患が現れる症状です。無意識に溜め込んだストレスが体に悪影響をもたらしているのです。そのため、胃潰瘍や腸炎だけを改善しても根本的な原因を取り除くことができなければ、再度症状が発生してしまいます。心のストレスに気付くのが苦手な人や、ストレス発散方法がないという人は心身症になりやすいといわれています。運動や趣味、友人との会話などさまざまな方法でストレスを発散させることができるので、自分に適したストレス発散方法を見つけることが大切です。頻繁に内蔵の疾患を発症するという人は、ストレスを抱えていないか自分自身に問いかけてみましょう。心身症は、胃潰瘍や腸炎以外にも胃痛や腹痛、便秘や下痢などの症状が出る場合があり、吐き気や嘔吐を伴う人もいます。また、過呼吸などの呼吸困難や、手足のしびれ、多尿、口が乾くなどの症状も見られます。その他にも皮膚が痒くなったり、髪の毛が抜け落ちたりと皮膚に異常が発生することもあります。女性の場合、不正出血や生理不順が起きることもあります。これらの症状が頻繁に起きる場合、心身症を疑いクリニックで治療を受けましょう。

クリニックによっては、光トポグラフィーによる検査や治療を行なっているところもあります。光トポグラフィーは血液検査からうつ病などの症状を明確に判断してくれるものです。そのため、無意識に抱えているストレスなどの症状も数字化させることができるので、心身症の改善に大きな効果が得られます。心身症により発症した痛みや疾患を改善しても、根本的な改善ができなければ再発してしまうため、きちんとした治療を受けることが大切です。そのため、まずは心身症なのか正しく判断する必要があります。また、心身症と似ている症状が現れる自立神経失調症というものがあります。自立神経失調症は、ストレス以外にも生活習慣が影響することもあるので心身症とは異なります。自分の症状を正しく理解し適切な治療を專門のクリニックで受けましょう。

心身症は子どもが発症することが多々あります。子どもは心のストレスに自分自身では気付きにくいといわれています。さらに心と体の相関が強いため、ストレスなどを抱えていると体に悪影響を及ぼしてしまうのです。そのため、学校や家庭内でストレスの原因となることがあると、無自覚のまま体に痛みが現れてしまうのです。慢性的に続いたり、何度も多発することから、親や先生は仮病なのではないかと疑ってしまうケースがよくあります。しかし、本人は実際に痛みを感じているので、仮病だと咎められてしまうとそれらがストレスとなり症状が悪化してしまいます。また、痛みの原因がストレスだと自覚した途端、症状が軽くなることもあります。精神的な問題を取り除くことが大切なので、治療ではカウンセング治療がもっとも適しています。周囲の大人が子どもの変化に細かく気付き、正しい治療を行ないましょう。

コンテンツ

原因を知る

考える女性

心身症とは、強いストレスが続くことで現れる症状になります。心身症になりやすい人は、言葉を上手く表現できない子供や、感情を抑えこんでしまう人などです。また、自覚症状が無いので治療は長く掛かってしまいます。

続きを読む!

違いを把握する

斜め上をじっと見つめる

ストレスが原因で体に現れる心身症は、「自立神経失調症」と勘違いしてしまうことがあります。しかし、体に出る症状で異なってくるので、症状によって見分けることが出来ます。違いを十分に理解して治療するようにしましょう。

続きを読む!

治療を受ける

お医者様

心身症を発症してしまった際には、光トポグラフィー検査で詳しく調べることができます。光トポグラフィー検査は、うつ病などの検査にも用いられる場合があります。費用は、他の治療法よりも安くで受けることができます。

続きを読む!

子どもに多く見られる

子どもたち

心身症は子どもに多く見られるといわれています。子どもの場合は、無意識に溜め込んでしまったストレスが体の痛みとして現れてしまうのです。カウンセングから根本的な原因を取り除いてあげることが大切です。

続きを読む!

記事一覧